コラーゲンドリンク飲み比べランキング » すべての女性の味方!コラーゲンとは » コラーゲンの効果

コラーゲンの効果

コラーゲンドリンクなどは、早いものでは摂取して数時間でお肌にハリツヤが出てくるものもあります。どうしてそんなに即効性が期待できるのでしょうか?コラーゲンが体に入ってどのような働きをするのか、お肌以外にはどんな効果をもたらすのかを解説します。

コラーゲンがお肌に届くまで

コラーゲンを摂取すると、まずは胃腸で分解されます。食べ物は消化するため胃で数時間留まりますが、液体は胃を通って腸から吸収されるまではたった数分。

コラーゲンドリンクの場合、ペプチド化・低分子化されていれば胃で消化する必要はないのですぐに腸へと向かいます。大きい分子のコラーゲンであれば多少胃腸で消化分解しなければならないので、もう少し時間がかかるようです。

吸収された成分は血流に乗ってお肌の内側の真皮層へ届きます。そこでコラーゲンを作り出すための組織(繊維芽細胞)を刺激すると、繊維芽細胞が活性化しお肌が元気になりハリツヤが生まれるのです。早いものでは数時間でお肌に何かしらの変化が現れます。

ここで覚えておくべきなのは「摂取したコラーゲンが直接ハリツヤを作っている」訳ではないこと。ドリンク等で摂取するコラーゲンはあくまでも、お肌にある細胞を活性化する引き金なのです。

ちなみに、コラーゲンはアミノ酸(グリジン、プロリン、アラニン、ヒドロキシプロリンなど)から出来ていますが、この成分が全て繊維芽細胞に届き、分解前と同じ組成のコラーゲンが作られるのか…というと、そうでもないようです。

体内では色々なところでアミノ酸が使われており、その時必要とされている部分でどんどん使われていくため、お肌に全ての成分が届くとは限りません。また、コラーゲンにはいくつかの作り方があるため、繊維芽細胞が活性化した時に存在するアミノ酸を使って作られていくのです。

つまりは、極論を言えば特にコラーゲンを摂取しなくても、コラーゲンの原料となるアミノ酸を摂取すればお肌は活性化するのですが…お肌のコラーゲンを増やしたいのであれば、元々コラーゲンとして存在していたもののほうが成分はきちんと揃っており、効率が良いのでコラーゲンを配合しているのかもしれませんね。

それに、「コラーゲンドリンク」と言ったほうが美肌になれる感じがするし、わかりやすいです!

お肌以外にはどんな効果が?

コラーゲンで美肌になるのは、なにも顔だけではありません。全身に届きますから手足の乾燥、エイジングサインなどにも効果を発揮してくれます。

また、コラーゲンは関節の間の軟骨、骨、血管など体の中いたるところで使われています。コラーゲンを摂取することで、これらの細胞を生み出している組織の活性化にも繋がるので、いつまでも健康で元気に動ける体をつくることにも繋がります。

そのほかにも細胞の生成が活発になるため「爪を丈夫にする」「傷を治りやすくする」などの効果も。メカニズムは不明ですが「髪を太くする」なんて効果も発見されているのだそうです。

このように色々なところでコラーゲンは使われているので、もし体内で優先して修復すべき部分があった場合はそちらが優先され、お肌は後回しになる可能性があります。

コラーゲンドリンクで「効果が出ない」と感じる場合、摂取しているコラーゲン量が少ない(1日の摂取目安は5,000mg~)、もしくはお肌より優先すべきところがある、のどちらかだと思います。

コラーゲンは体の様々な部位で必要な成分ですが、加齢と共に生成量は減ってしまいます。積極的にドリンクやサプリを活用して、コラーゲンを作る細胞を活性化させてあげましょう。

味は?飲みやすさは?
人気のコラーゲンドリンク5種類を飲み比べ実験!

コラーゲン1日の理想量を超える
6000ml以上が含まれたコラーゲンドリンクの中で、毎日飲み続けたくなるような美味しさのものはどれ?美容編集部の大人女子3人が、本気で飲み比べてみました!

結果はこちら