コラーゲンドリンク飲み比べランキング » すべての女性の味方!コラーゲンとは » コラーゲンが含まれる食べ物

コラーゲンが含まれる食べ物

コラーゲン豊富な食べ物といえば、豚足、フカひれ、コラーゲン鍋…などなど。食品から1日の摂取目安である6,000mgを摂ろうとすると、どのぐらい食べれば良いのでしょうか?食べ物に入っているコラーゲンの量について、調べてみました。

主な食品のコラーゲン含有量(100gあたり)

フカひれ(戻したもの) 9,920mg
ウナギの蒲焼 5,530mg
牛スジ 4,980mg
鶏軟骨(胸) 4,000mg
ハモ(皮あり) 3,560mg
豚白モツ 3,080mg
鶏がらスープの元 2,690mg
サケ(皮あり) 2,410mg
鶏砂肝 2,320mg
鶏手羽元 1,550mg
サンマ開き(皮あり) 1,820mg
かつお節 1,660mg
ソーセージ 1,570mg
鶏もも肉 1,560mg
鶏手羽先 1,550mg
鶏骨付きぶつ切り 1,530mg

 フカひれの含有量はかなりのものがありますね。しかしフカひれ100gというのは、よく高級中華料理で見る「姿煮まるごと1枚」ぐらいの量です。

うなぎは蒲焼になっている状態でだいたい120~160gだそうなので、うな重1つでOK。

牛スジ100gは大体1人前くらいですね。

冬に人気のコラーゲン鍋は、コラーゲンボール1つあたり700~1,300mgとのこと。これがスープに溶けてしまっているわけですから、〆の雑炊まできちんと頂かないと、効果は得られませんよ。

1日6,000mgを摂取すると考えると、ランキング上位の食材であれば食品から摂る事も不可能ではなさそうです。

しかし、コラーゲンの多い食材はなかなか日頃の食事に取り入れるのが難しい食材ばかり。毎日フカひれ、うなぎ、牛スジのローテーションは厳しいと思います。

ちなみに、鶏がらスープの元はお湯に溶かして100gではなく、粉の状態ですからね!100g食べると塩分過多でとんでもないことになりますよ。

日本人のコラーゲン摂取平均は?

元々日本人は魚をたくさん食べる風習があったため、コラーゲンはそれなりに摂れていたのですが…現在は肉>魚になってしまい、摂取量平均も下がりつつあります。現在、1日あたりの食事から摂るコラーゲン量の平均は1,900mg。美肌のためには6,000mgは摂りたいですから、食事では明らかに不足していることがわかります。

コラーゲンの多い食材にはそのほかの良質なたんぱく質も含まれているため、お肌と体のためにも摂取量を増やすのはとても良いことです。しかし同時に高脂肪・高カロリーでもあるため注意が必要です。コラーゲンを毎日たっぷり摂りたいのであれば、手軽に摂取できてカロリーも高くないサプリメントを選ぶのが賢い選択です。

コラーゲンサプリメントには粉末・錠剤・ドリンクのタイプがありますが、一番コラーゲン含有量が多く、お肌に早く効果を発揮してくれるのが「ドリンク」です。味が美味しいものなら毎日積極的に飲みたくなるので、続けるのも楽しくなりますね。

毎日or数日に1本の習慣にしてもよし、特別なイベントに合わせて肌を整えるもよし。こちらで自分の好きな飲み方で美味しく続けられるコラーゲンドリンクを紹介しています♪

コラーゲンドリンク 飲み比べランキング≫

味は?飲みやすさは?
人気のコラーゲンドリンク5種類を飲み比べ実験!

コラーゲン1日の理想量を超える
6000ml以上が含まれたコラーゲンドリンクの中で、毎日飲み続けたくなるような美味しさのものはどれ?美容編集部の大人女子3人が、本気で飲み比べてみました!

結果はこちら